相続放棄と代襲相続人の関係についてご説明します。

まず前提として、相続放棄した相続人に子がいても、その子に相続権がまわって相続人なることはありません。
例えば、被相続人に子が2人、うち1人だけが相続放棄をした場合は、もう一人の相続放棄をしていない子が単独での遺産相続になります。
この時に、相続放棄した子に子(被相続人からみて孫)がいても、その子(孫)が代襲相続して相続人になりません。
第一順位の相続人が相続放棄をすれば、すぐに次の順位である直系尊属(第二順位)、兄弟姉妹(第三順位)などが相続人になります。

要するに、代襲相続とは、推定相続人だった人が被相続人よりも先に亡くなってしまった場合に発生しますので、相続人の子が相続放棄をして、次にその相続放棄をした子が代襲相続するようなことは無いのです。