国民相続生活センター〈相続の分割協議から相続登記の手続きや遺言書の対策まで、相続に関することでしたら当センターにご相談ください。〉

相続について

法定相続

法定相続について

相続されるご家族様 相続財産を保有する方が遺言書を残さずに亡くなった場合、その方の相続財産は民法上により決められた法定相続人へ、決められた割合を分配します。これを「法定相続」といいます。また、遺言書を作成していれば、法定相続分と異なった相続をすることも可能になります。遺言書とは、亡くなられた方の意志を一番に表現すことが出来る文書です。遺言書によって、財産を誰に何を相続させるのかを具体的に細かな部分まで、財産を保有する方が思い通りに決めることができます。ただし、遺言書があることによって法定相続人の遺留分を侵害してしまい、トラブルが発生するケースもあります。遺言書がない場合、各法定相続人の利害関係のせいで揉めてしまうこともあり、紛争が発生し揉めてしまった際には、相続の専門家にまずは相談、その後依頼して円滑に解決して頂くのが最良でしょう。

法定相続人について

遺言書がない場合、法定相続では下記のように定められています。

  1. 配偶者は、常に法定相続人となる。
  2. 直系尊属(父母や祖父母等)は、子がいない場合の法定相続人となる。
  3. 兄弟姉妹は、子(養子を含む)と直系尊属(父母や祖父母等)がいない場合の法定相続人となる。

法定相続分について

法定相続によって法定相続人に相続される財産の割合を「法定相続分」といいます。法定相続分を知っておくことは、誰にどれくらい相続されるのかを理解し知識を得ることで紛争を回避するひとつの判断材料となります。遺言書は、亡くなられた方の自由な意志を効果的に反映させる一番の手段ですが、法定相続人同士が後々揉めないようにするには、作成する時に考慮(配慮)しなければいけないのが法定相続分の割合になり深く関連してきます。

法定相続人の順位または割合

※直系尊属……父母や祖父母等にあたります。

順位 法定相続人 割合
1位 配偶者と子 配偶者=2分の1・子=2分の1
2位 配偶者と直系尊属 配偶者=3分の2・直系尊属=3分の1
3位 配偶者と兄弟姉妹 配偶者=4分の3・兄弟姉妹=4分の1
相続ケースによる、法定相続分の例

弁護士保険

  • よくある質問
  • プライバシーポリシー
  • 運営情報
  • お問い合わせ
  • 国民相続生活センターのブログ
  • 主な活動
  • お問い合わせ
弁護士費用保険
国民生活相続センターホームページのTOPへ移動

Copyright c 国民相続生活センター All Rights Reserved.

相続の分割協議から相続登記の手続きや遺言書の対策まで、相続に関することでしたら、どんなことでも当センターにお気軽にご相談ください。