国民相続生活センター〈相続の分割協議から相続登記の手続きや遺言書の対策まで、相続に関することでしたら当センターにご相談ください。〉

相続とは

  • HOME »
  • 相続とは

相続とは?

相続について

相続とは、亡くなられた方の財産を承継する事です。具体的には民法の相続法で定められていて、亡くなられた方を被相続人、受け継がれる方を相続人と言います。被相続人から相続人に引き継がれる財産を相続財産と言いますが、その相続財産の代表的なものとして、預貯金、生命保険金、土地、建物、有価証券などプラスの財産、借金や保証債務などマイナスの財産もあります。そこで、単純承認、限定承認、相続放棄のいずれかを選択し、相続するかどうかの意思表示をする必要があります。また、相続が開始され遺言書がない場合には相続人の間で揉めてしまうことがあります。更に相続手続きは煩雑でかつ複雑です。円滑に相続するため、揉めない相続にするために専門家に依頼をされている方が非常に多いのが現状です。

相続のスケジュール

相続のスケジュール

相続は人が亡くなるとその時点から開始されます。相続の発生です。そして死亡を知った日から相続手続きの期間が始まり、相続手続きの中には期限が決められており、罰則規定があるものもありますのでご注意下さい。相続開始後の手続きについては、右記に記載の通り、3ヶ月、4ヶ月、10ヶ月という基本的な期限となかには時効があるものもあります。一言で相続と言っても簡単なものではないです。相続開始後は通夜があり、葬式、初七日法要、四十九日法要と相続手続きの前にやらなければならないことがあり、落ち着く暇もない状態で慌ただしく過ぎてゆきます。期限内に届け出なかったり、忘れていたりすると、相続人は思わぬ不利益を負ってしまうこともあります。相続は一生に一度か二度の経験ですので慣れている方など一人も居ません。不安なことだらけです。そんな不安を取り除きスムーズに相続手続きを終わらせるために、専門家に依頼をして相続人は被相続人の為にもご供養に時間をあて専念されるのも良いでしょう。

相続簡単ガイド

ご自分のケースに当てはめて、必要な相続の流れをたどってみましょう。

相続簡単ガイド 相続に関する必要手続き一覧

弁護士保険

  • よくある質問
  • プライバシーポリシー
  • 運営情報
  • お問い合わせ
  • 国民相続生活センターのブログ
  • 主な活動
  • お問い合わせ
弁護士費用保険
国民生活相続センターホームページのTOPへ移動

Copyright c 国民相続生活センター All Rights Reserved.

相続の分割協議から相続登記の手続きや遺言書の対策まで、相続に関することでしたら、どんなことでも当センターにお気軽にご相談ください。