財産調査 不動産が不明

相続が発生。父親が亡くなったことを知らされたが、長い間父親とは音信不通だった。
その父親が不動産を所有していたと聞き、不動産がどれだけ存在するのかある程度の目処しか付きません。この場合の調査方法についてのことです。
 被相続人である父親の所有していた不動産について、どれだけ存在するのかを調査する方法として、不動産が存在するであろう市役所や町役場の名寄帳を取得する方法です。名寄帳とは、市役所や町役場が固定資産課税の管理のために作成している固定資産課税台帳の登録事項と同じ事項が記載されている物です。自身が相続人であれば、なくなった被相続人の名寄帳を取得することができる。
 不動産が存在する市役所や町役場で名寄帳を取得すれば、被相続人である父親が所有、または共有していた不動産を知ることができる。各市町村の役場で取得できる名寄帳はその市町村にある不動産のみ。不動産が各地域に所在する場合は、各市町村の役場で名寄帳を取得する必要がある。