法律上では被相続人が死亡したときに相続が開始されます。しかし、相続についての話し合いを被相続人の死亡と同時に行うのは実際、難しいのではないでしょうか?

相続人の精神的な負担も相当なものですし、葬儀や火葬などやるべきことが多く、相続人どうしが落ち着くまで時間が必要だと思います。

そこで、よく聞いたりしますのが四十九日の法要の時などみんなが集まったときに話し合うということです。

相続人が一度に集まる機会はそうそうないと思いますので、やはり全員が集まる可能性が高い四十九日の法要のときに遺産分割について話し合うのが多いようです。

相続人であれば誰が話を切り出してもいいです。このようにタイミングをみて、みんなが集まる機会に相続を進めていきましょう。