相続人に未成年者が居るとき

相続は、その家庭によって状況が違います。
もちろん、法定相続人の中に未成年者がいる場合があります。
相続では、法定相続人の中に未成年者がいるとしても年齢関係なく全員が相続人になり権利があります。
遺産分割協議では、法定相続人全員の同意が必要になるため、未成年者であるかどうかは関係ありません。
ところが、未成年者は自身の判断で法律行為ができません。法律行為を行うには法定代理人の同意が必要です。遺産分割協議に同意することは、法律行為に該当するので法定代理人の同意が必要です。
日常生活での法律行為に関しては、親権者が未成年者の法定代理人になれますが、相続時では未成年者と親権者が法定相続人の場合、その親権者が未成年者の法定代理人として遺産分割協議に同意することはできません。
例えば、母が亡くなり法定相続人は、父、子1(未成年者)という家庭があるとすると、法定相続人は同じ立場になるので遺産を争う事になってしまうので、この様な場合は親権者に代わって特別代理人の選任が必要になります。
特別代理人が未成年者に代わって、遺産分割協議に参加します。