相続は被相続人の死亡と同時に開始します。そして,相続の開始と同時に,被相続人の債務は,各相続人に法定相続分に分割され当然に帰属します。

 各相続人が,被相続人の債務から逃れる方法は,限定承認か放棄の2つの方法しかありませんが,限定承認の方法はほとんど使われることがなく,相続の放棄の手続きを行うことになると思います。

 ところが,相続放棄は,相続人が相続の開始を知ってから3ヶ月以内に申し立てる必要があるため,相続が開始したときは,まず,被相続人が債務超過状態にあるか否かを調査する必要があるでしょう。

 なお,子の相続放棄によって,尊属(父母等)や兄弟姉妹に相続権が生じ,相続放棄を迫られる場合も多々見られます。この場合は,子の相続放棄を知ってから3ヶ月以内に,相続放棄の手続きを行う必要があります。

 いずれにしろ,相続が開始した場合には,速やかに相続財産を調査しなければ,後に被相続人の債務を知らないうちに背負わされることになりかねないので,注意が必要です。